ダメダメな日

先週末は三連休だったのだけれど
その真ん中の土曜日は
何もかもがうまくいかない日だった。

バルセロナの街へ夫と一緒に車で出かけた。
外に出たとたん、小雨が降る。
傘を持っていったほうがいいかなと思ったけれど
我が町とバルセロナの中心地では天気が違うので
まぁいいか、、、と
傘は持たずにそのまま車にのりこんだ。

最初は北欧家具のヴィンテージのお店へ。
フェイスブックで新たな家具などが入ってきたとお知らせがあったので
行ってみたら、それは今週ではなく来週の話だった。
私がよく読んでいなかったのだ。
次は中古のLPレコードが置いてあるオーディオショップへ
私が欲しかったレコードは一枚も見つからず。
でも、夫は6枚も購入していた。

そしてコーヒー豆を買いにEl Magnificoへ
ここだけは幸い何も起こらなかったのだ。
ただこの時点で時刻は1時15分くらいとなり
もう一軒いく予定の骨董屋さんはパスすることになった。

ランチは私が前から行きたかった
ビストロへ。
ここが、いろいろと度重なるミスで
夫はイライラ、そしてため息の連続。
まずは、オーダーから30分以上待たされる。
オーダーしたものを間違えて持って来た。
正しいものを出し直すとさらに20分かかると言われ、
もう待てないので、頼んでもいないものを食べることになった。
食後のコーヒーにカフェ・コン・レチェと言ったのに
注文をとった人が「カフェ・ソロ(エスプレッソ)ですよね」と確認しに来たので
「違いますカフェ・コン・レチェです。」と言い直す。
最後のとどめは
帰ろうとすると、雨が結構降ってきてしまったのだ。
でも止みそうにないので雨の中を駐車場まで10分ほど歩く。
全身ほぼ濡れる。
そして濡れた洋服のまま、車に乗り込み
車を走らせた。
なんと1分もしないうちに空は青くなり、太陽が輝き始めたのだ。

ここで夫が一言。
ふんだりけったりな日だ。

フフフッ。

でもね、ビストロはおいしかった。

新しい習いごと

先月末から、この地 カタルーニャ地方で話されている言語
カタロニア語を習うことになってしまった。

なってしまった、、、というのは
スペイン語(カスティヤーノ)を町で習っていたのだけれど
今期から無くなってしまったと先生から報告があったのだ。
それで、先生からの提案で
カタロニア語のベーシッククラスを受けてみたらどぉ?
とのことだった。
いろいろ考えたあげく、、、の果て?
果てというのは少々大げさだけれど、
とにかく始めてみることにした。

これがまた、分かってはいたけれど
曖昧な発音と
女性名詞、男性名詞に関する変化がスペイン語よりも多く
頭がどうにかなりそうだ。
とりあえず、まだ始まりなので理解はでき
授業についていっているけれど、
はてさて今後はどうなることやら、、、。

それにしても、昨今
性差別やLGBT、Me tooなどなど
言葉に女性名詞だの男性名詞だの
ことあるごとに男、女と考えて話さなくてはいけない言語って何?
と、思ってしまうのだ。
そう思うと日本語っていいなぁとつくづく思う
そんな今日この頃なのだ。

写真は先週末に訪ねたGironaジローナのLa Plaja d’Aro
いろいろとお世話になっている人が海の前に住んでいて
波の音を聞きながらの食事が心地よく、印象的だった。

小さな黄色いお花

 

サラダに入れると
よりいっそう美味しくなるもの
私にとって、それはルッコラなのだ。

毎週木曜日、隣町の朝市で
オーガニックの野菜を売っているところがある。
そう、それこそこのあいだ話題にしていたヒッピーな雰囲気の二人が営んでいる。
そのうちの一人はわが町に住んでいることを知り
顔見知りになった。
そのお店でいくつか野菜を買うと
おみやげにルッコラがもらえる。(ときどき残念ながらもらえない時もある)
しかも少々雑草が混じっているのだけれど
ここのルッコラが濃い味で最高においしい。
畑からひっこぬいたままで
葉っぱだけじゃなく茎付きでくれるのだ。
昨日のはかわいい黄色い花まで付いていた。

ルッコラの花ってこんなのなんだぁ。
机の上に置いて
時々ながめている。
そんな時もちょっとした、小さな幸せ
感じてるのかも。

 

 

知恵をしぼって

肉屋さんの話し

わが町だけなのか、それともバルセロナ全体なのか
もしくはスペイン全体のことなのか
それはわからないが、、、
わが町の肉屋さん(4軒すべての店)で
例えば、豚肉肩ロースを300グラムくださ〜い。と、言うと
大きな肉の塊をまな板の上にのせ
店員がだいたいの検討をつけて切る。
「これでいい?」と聞いてくる。
計りのメモリを見ると350グラムとか380グラムとかになっている。
「ごめんなさい。これでもいい?」ではないのだ。
この人、計るの苦手なんだ、、、と思って、
まぁ、しょうがない。いいかぁ。と心の中で思う。
それが、何度行っても何度言っても注文のグラムより多く切るのだ。
少ないことは一度もない。
何年も肉屋で働いているベテランの雰囲気を醸し出している人でさえもこうなのだ。
先週末、夫が300グラムの肉をたのんだら
なんと、450グラムも切られて帰ってきた。
150グラムのオーバーはあり得ない。
これは明らかにワザとだ。

そこで私も考えた。

今日は肉屋さんで200グラムくださ〜い。と言ってみた。
計りを見たら240グラムだった。
フフフッ。

今度は250グラムと言ってみようと思う。
そうすれば、300グラムに近くなるだろう。
私も頭を使わなくちゃ〜。

写真はひさしぶりの登場、隣のねこ マオちゃん。
暑くて毎日 日陰のベランダで寝ている。

 

大好きなものと苦手なもの

誰でも苦手なものがあるだろう。
私のそれは鳥で、特にニワトリがダメなのだ。
想像しただけで、なんというかお腹がひっくり返るような
なんとも表現しがたい気持ちになってしまう。
とはいえ、大好きな食べ物といったら唐揚げなのである。
そう、鳥の唐揚げ!!!
死ぬ前に何が食べたいか?と、一つ挙げるとしたら
それはやっぱり唐揚げで
それを言うと、信じられないとか、残酷だとか言われてしまう。
死ぬ前にそんな脂っこいものを?とも言われたこともあるが、、、。

スーパーマーケットに行くと
いろんなパッケージがあってそれを見るのが大好きだ。
特にたまごのパッケージには結構かわいいものがある。
でも、たまにニワトリの写真が貼り付いているものがあるとギョッとしてしまう。
最高に恐怖なのは肉屋さんだ。
ニワトリのいろいろが売っているので凝視できない。
うす目でウィンドウをさぐりながら買う。
よく買う肉屋さんではウィンドウを見ずに言葉で伝えるだけにする。
そんな感じなのだ。

さぁ、今日も夕食の買い物に行かなくちゃ〜。
良い週末を。