朝、7時40分の色

外がほのかにピンク色。
いつもと違う色を窓辺から感じて
ベランダに出てみたら、
この景色だった。

ちょっと感動的な朝。

さぁ、ジョギングに行こう!
と思って外に出たら
もう曇り空。

この頃、不安定なお天気。
でも、良い一日でありますように。

 

寒いときには、ホットチョコレート

 

ここのところ、とっても寒い。
土曜、日曜は久しぶりの青空で
前に住んでいた山の上を訪ねたり、久しぶりの骨董市へも行ってきた。

でも今朝はどんよりとした曇り空。

そんな時は、家であったかいホットチョコレートが飲みたくなる。
“大人の味”というよりは
子どもにウケる感じの味だ。

シナモンなどのスパイスを加えれば
大人っぽい味になる

パッケージの赤いギンガムチェックがかわいくて
つい、スーパーマーケットで手にしてしまう。
『Simón Coll』のホットチョコレートは
スーパーマーケット『sorli discau』で1.15ユーロ。

友達へのおみやげにもいいかもしれない。

おどる皿

壁にかけてある大皿は
去年の師走に骨董市で、ひとめ見た時からいいなぁと思って
気に入って買ったもの。
色違いでもう一枚あったお皿は
友人同士のクリスマス・パーティーのプレゼント交換用として出品し
貰われていってしまった。

お皿の絵柄はサルダーナを踊っている人たちだ。
サルダーナは、カタルーニャ地方の伝統的な舞踏で
人々が輪になって軽いステップで
同じ動作を繰り返し踊るのだ。
昔はこの絵のような服装で踊ったのだろう。
お祭りの時に行うことが多いが、
バルセロナのカテドラルの前で踊っているのを時々みかけることもある。
そう、カテドラルの向かいにある建物に
ピカソが描いたサルダーナの絵がある。
太い線でシンプルに描かれたものだけれど
動き出しそうな気配があって
それがとてもいいのだ。

決まったね。次は大舞台だ〜。

Euro Vision(ユーロビジョン)のスペイン代表が決まった。
若い二人の雰囲気が
出会ったばかりの恋人どうしみたいで
キラキラしていて
何しろとってもかわいい。
作詞作曲をしたのも同世代の男の子。

ここのところスペインは
毎年いかにもラテン系のノリの曲だったけれど
去年のEuro Visionで最下位になってしまい
いろいろ考えたのだろう。
今回はこんなにスイートな感じで
私はとっても気に入っている。

優勝してもらいたいなぁ。

Euro Vision(ユーロビジョン)は毎年春に行われる
ヨーロッパの歌のワールドカップ(または紅白歌合戦)みたいなもの。
歌はもちろんのこと、
衣装や豪華な舞台を見るのが毎年楽しみなのだ。
今年は5月12日。
待ち遠しい〜。

ちなみにEuro Visionをスペインでは
エウロヴィシオンと言っている。

ワンちゃんがいっぱい

日本滞在三週間を終え
日曜日にバルセロナへ戻ってきた。
到着したそこは、輝く太陽と青い空で
暑い。
そう、20℃だった。

たくさんの再会と
新しく出会った人たち。

食べて、飲んで、おしゃべりして
いい〜旅だった。
楽しかった〜。

今年の干支、犬。
写真のワンちゃんたちは、町田の骨董市で買ったもの。
背中に和風な花模様が描かれていて
表情がとってもいい感じ
それで、気に入って買ってしまった。(最初に夫がみつけた)
その他に、いただきもののワンちゃんが
家の中にはいっぱいだ。
いいことも、いっぱいあればいいな。