ありがとうございました

 

先週末にバルセロナに戻りました。

日本滞在中「心おどるバルセロナへ 最新版」の出版を記念して
「バルセロナのお話し会」を行いました。
お忙しい中、いらしてくださった方々。
そして今回は都合がつかなかった方々。
たくさんのメッセージなど、ありがとうございました。

人前で話すって、難しいですね。
私の、まとまりのない話しになってしまいましたが
この会を行ったことで出会いや交流が生まれ、
それが今回の旅のいい思い出になっています。

そう、お話会の最中に
La Cuina d’en Garrigaラ・クイナ・ダン・ガリーガのお店の
おすすめメニューSobrasada con Mielソブラサーダ・コン・ミエルを
紹介しようと思ったら写真が無くて説明不足になってしまいました。
それをちょっとここでご紹介しますね。

これが、マヨルカ島の特産物ソブラサーダ!
燻製パプリカパウダーで味付けした豚の脂をパテの状態にしたものです。
豚の脂が90%+豚肉10%ほどの割合です。
これをトーストしたパンにのせて食べるのですが
とにかく、と〜ってもおいしいのです。
脂が90%と聞くと、かなりこってり感があるかと思われがちですが
食べてみると思ったほど感じません。
ただしカロリーは高いです。
これ私の大好物なんです。

普通はこんな感じで、スライスしたパンをトーストして
その上にのせます。
ガイドブックにのせているLa Cuina d’en Garrigaラ・クイナ・ダン・ガリーガ
のお店では、このソブラサーダに
はちみつをのせてオーブンで焼いたものがメニューにあります。
ソブラサーダの塩っけと
はちみつの甘さが
口の中でとろけるおいしさとなるのです。
ぜひ、お試しくださいませ。

下北沢でバルセロナのお話し会

日本の実家でお正月を過ごしています。
温暖な冬ですね〜。
ホッコリしながら
日本の最高においしいお米を食べ、
幸せにひたっています。
ホントにおいしい〜。

さてさて、お知らせがあります。
『心おどるバルセロナへ』最新版の出版を記念して、
著者の私が本に書ききれなかった
こぼれ話しを語る会をすることになりました。
もしお時間がありましたらぜひいらしてくださいませ。

と き 1月9日(木)19:30〜20:30 (受付 19:00〜)
ばしょ RBL CAFE (最寄駅下北沢)/http://rblcafe.jp
東京都世田谷区代沢5丁目目32-12
参加費 無料
定 員 30名
申込方法 下記アドレスまで〈お名前〉をご記入の上、お申し込みお願いいたします。

barcelonakokoroodoru@gmail.com

お会いできるのを楽しみにお待ちしています。

カガティオの日

1月6日はレイエス・マゴスの日。

この日かかせないのがカガティオだ。

お店のショーウィンドウに

必ずこの時期お出ましになるカワイイ人形。

普通は丸太だが写真の観葉植物店ではぬいぐるみ。

こういうのもイイかも。

明日から日本へ3週間の滞在。

楽しみだ〜。

特に食べ物が❣️

ボン・ナダール!

Bon Nadal!
カタルーニャ語のメリークリスマスの意味。

住んでいる町のある通りの
ささやかだけれどカワイイお星さまのイルミネーション。

このイルミネーションを撮りに行った帰りに
教会の前と通ると
明かりがついていて、にぎやかそうだったので
扉の方へ近寄ってみると
子どもと大人が一緒になって
ギターの演奏とともに歌う人たちがいて
中へ入って音楽に耳をかたむけつつ
教会内をひとまわり。
なごやかなムードのクリスマスで
なぜかノスタルジックな気分になってしまった。

この教会、いつも扉が閉じていて
やっと入れたのだ。
カルデデウの町もそうだったけれど
やっぱり、ラ・ガリーガの教会にも黒いマリア像があった。
見守られているようで
ほっとする。

聖しこの夜
すてきな時を。






心おどるバルセロナへ 最新版

今日、発売日なんです。
「心おどるバルセロナへ」最新版

初版ではガウディなどの観光スポットは
入れなかったのですが
今回のはサグラダ・ファミリアをはじめ
私のお気に入り観光スポットが入っていますので
お楽しみに。

バルセロナはお店の入れ替わりが多く
移転・閉店したお店の情報を入れ替え
ワクワクするような新しいお店を追加して紹介しています。

良かったら、本屋さんで見てみてくださいませ。

今回とってもおもしろいアイディアが本に。
帯の高さが高くなっているので本のカバーのようですが
なんと、その帯を取ると本物のカバーが出てくるのです。
二つの顔を持った本。
なんですよ〜。

帯をとって本棚に飾るか、
帯をそのままにして飾るか?

お好きな方で楽しんでくださいませ。

上の写真はイカロス出版のホームページからです。
まだ、バルセロナには本が届いていないので
自分で写真が撮れませんでした。
イカロス出版のホームページでは
数ページほど本の中が紹介されていますので
ご興味がある方はこちらを

本を見てバルセロナに興味を持っていただけたら
うれしいです。