かぜのいたずら

バルセロナのディアゴナル通りを歩いていたら
こんな感じのイラストのバナーが
ずら〜りと飾られていた。
わかりやすくてシンプルでかわいさもある。
いいなぁと思った。
右側のTothomはカタルーニャ語で
みなさ〜ん
という意味。

まぁ、ここのところ外出するならマスク必須という感じで
これがいわゆる「あたらしい日常」なんだろうなぁ。
この生活に慣れつつある自分がいたり
いやいや、これはだめだろうと思ったり
最近、道ゆく人のマスクに目がいく。
こちらの人は日本人の顔とはちがい
横顔の立体感が大きく異なる。
その鼻と口を覆うマスク姿が結構かっこいいのだ。
とくに、手作りマスクで素敵なのをしている人を見かけると
まじまじと見てしまう。
鼻の部分の立体感を布マスクで作るその型紙はどうなっているんだろう?
なんて、考えてしまう。
今度、買って研究してみようかなぁ
なんて思ってしまう。

そうそう、
話はかわるが。
12年ほど使っていたうすはりガラスのワイングラスが
先週末、割れてしまった。
私のせいではなく
飲み終わったグラスをテーブルの上に置いていたら
強風で飛ばされテーブルから落下。
あぁ〜。
洗う時も大切にゆっくり割れないようにしていたのに
うすはりガラスのコップを12年間、ほぼ毎日使っていたのに、、、。
意外ととても頑丈なのよ。
ところが、風にやられるとは、、、トホホ。

弓を持つ少年

Tシャツなど着ていられない。
袖があるだけでイラッとするほどの暑さ。
太〜い腕だけれど
毎日ノースリーブで過ごしてる。

午前中はまだ涼しくて快適だが
午後はとってもだるくなるほどモワッとして暑い。
とてもじゃないが、
午後の酷暑の中、マスクして買い物に出るのはありえない。

以前はおやつ時間に
コーヒーとクッキーなどを食べていたが
最近は果物と牛乳で
ジュースを作って飲んでいる。
これが、最高においしい!
ジュースにするときはバナナは必須だ。
必ず、ミックスにして
バナナと桃。
バナナとすいか。
バナナとメロン。
と、こんな感じ。

上の写真は
5年ほど前に夫が骨董市で買った
手のひらにのるくらいの大きさで
ブロンズでできている。
土台は夫がつけた。
かなり気に入っている。

夏のサン・ジョルディ

4月23日に行われるはずだったサン・ジョルディの日が
緊急事態宣言が出てしまい
ステイホームのかたちで
各々ができる範囲の中でこの日は過ごしたわけだが、、、
なんと、あさっての7月23日にサン・ジョルディの日を祝うそうだ。

わが町の役所のフェイスブックをチェックしてみたら
教会のある広場周辺に本やバラの花を売る販売所が置かれ
消毒用のハンドジェルも設置される。
現在カタルーニャ地方では外出時はマスクが必須だ。

そこまでしてやるの?
と日本人の私としては思ってしまうが
カタルーニャ人としてはなくてはならない行事なんだろうなぁ。

さて、上の写真は観賞用のアスパラガス。
アスパラガス・スプレンゲリーというのだそうだ。
今、ちょうど花が咲き始め
小さくて星のようなかわいい花なのだ。

曖昧な記憶

先週のこと
夕飯の片付けをした後、テレビをつけたら
ニュー・シネマ・パラダイスの映画をテレビで放送していた。
懐かしい〜と思いながら見ていた。
確か、ずいぶん前に一度みていたはずなのに
大筋は記憶にあるが
半分以上は記憶にない映像ばかりで
観たのは二度目だというのに
かなり楽しめた。
それにしても私の記憶というのは曖昧なものだ。
そう、この映画音楽、心に染み入るわ〜。
作曲家のエンニオ・モリコーネ。
こんなに印象的に映像を盛り上げてくれる曲を作るなんて
たくさんの素晴らしい曲を
ありがとう。
映画の音楽って、忘れられない。
坂本龍一や久石譲も大好き。
音楽の力に頼りたくないという映画監督もいるだろうが
私は断然 音楽にも頼った映画が好きだ。
フランス映画のアメリもヤン・ティエルセンがあってこそだと思う。
音の記憶というのは大きい。
その音楽を聴いただけで、
その映像を思い出し、
その時代の自分にまでタイムスリップしてしまうほどの力があるのだ。

写真は春に植えたルピナス。
太陽の光が強くて昼頃、土がカピカピになるほど干上がって
長い花が力尽きて途中で折れてしまったのだが
水をあげたら、ど根性で這い上がってきた!
Nの字になってしまったけれど
まだまだどっこい生きている。

ピチピチしていた頃のルピナスはこちら。
あまりに麗しくて
ブリジット様と命名していたのだが、、、

今は、ど根性ブリジットだ。

何にみえる?

私はこれ、
サメが泳いでるようにみえるのだ。

数日前の空の模様。
小さい頃から雲のかたちが何に似ているとか、
雲の模様や空の色をぼんやり見てたなぁと、
そんなことを思い出した。

バルセロナのあるカタルーニャ州は
お店に入る時や公共交通機関の利用以外は
マスクはしなくていい日々が続いていたのだが
Lleidaリェイダで感染者が再多発し
カタルーニャ州全域で外に出る時は
必ずマスクをして出歩くことになってしまった。

実は先週からジョギングを開始したばかり。
今朝、試しにマスクしてジョギングしてみたら
息を吐く時はいいけれど
吸う時に十分に吸いきれなくて
どんどん時間とともに苦しくなったので
途中でやめて歩くことにした。
そして、暑い日中に買い物に出かけるのに
マスクをしたのだけれど
炎天下の中でマスクはやっぱり辛い。
今後の買い物は早朝か、夕方6時以降かな。
とりあえず、今のところ自分が健康だということが
何よりのことだ。